脳健サロン てらこやぴ

ー社会に、あなたに、笑顔をー

 

 

TOP.png

 006.png

Q.コミュニケーションとることが、認知症になりにくい?
コミュニケーションをとることで、いろんな人と接する機会が増えて、いろんな人のことを考えることもしていくので、脳を活性化させて、認知症になりにくいと言われてますが、みんなでいることが苦痛な人に、苦痛な状態でコミュニケーションの場を増やすことが、本当に認知症になりにくい環境なのでしょうか?逆に脳に嫌なストレスだけを与えてしまって、鬱になり、認知症になりやすくもなりかねませんよね。脳ってとっても繊細だと思います。ひとりひとりが良い状態で、いつまでも健康的に長生きできるようなことを考えていけたらとてらこやぴでは考えています。「無理やり」「強制」「とりあえず嫌でも…」そういう行動は、避けてほしいなと思っております。

Q.ワクワクすることは、とてもいいこと?
あなたの好きなことは何ですか?興味の持っていることは何ですか?ひとつでもあるなら、そこから始めてみましょう。集中力を高めることで、脳に良い刺激を与えます。もちろん新しいことにチャレンジしたいという方は、ぜひ、新しいことにチャレンジすることをお勧めします。てらこやぴでも、脳トレ教室や、パソコン教室など、きっかけになる講座も開講していますので、お気軽にご連絡ください。

Q.ワクワクすることが何もない…そんなときは?
てらこやぴでは、個人カウンセリングも受け付けております。何をしたらいいのかわからないけど、何かしたい。でも何が自分に合っているのかがわからない…。。そう思う方も多いと思います。あなたに合ったものを数秘術を使って、一緒にみていきますので、少し興味のある方はぜひ、ご連絡ください。


活動施設

・学校/高齢者福祉施設/デイサービス/商業施設ほか
-----------------------------------------------------
てらこやぴは、NPO法人ころとからだの介護予防協会と筑波大学名誉教授田中喜代次氏が認定した脳トレ士派遣センターを運営しています。 

認知症予防脳トレ士を講師として派遣している『脳KENセンター』では、市の福祉課、地域包括支援センター、病院、高齢者施設、個人の方々の依頼により、「認知症予防脳トレ教室」や「脳トレ研修」への講師派遣、「脳トレ家庭教師」派遣を受託しています。

 

 ・「認知症予防脳トレ教室」への講師派遣   

 ・「認知症予防指導者研修」への講師派遣   

 ・「認知症予防のための脳トレ家庭教師」派遣
 ・認知症予防脳トレセミナー」開催サポート  

 

脳トレ士のご依頼は、お問合せより、ご連絡下さい。

お問合せ頂きましたら順次、NPO法人こころとからだの介護予防協会首都圏脳トレ士派遣ホームページ事務局「てらこやぴ」伊藤より、ご連絡いたします。

2020.09.29 Tuesday